【確定申告】青色と白色、あなたはどっちで申告する?

スポンサーリンク
アイキャッチ 雑記

こんばんは。ひねもすのたり管理人のブソンです。

本年度の確定申告期間は、2019年2月18日から3月15日です。

ヒミコ
ヒミコ

今年も変わらずやってきたよねー

課税対象期間は、2018年1月1日から12月31日までの1年間です。

確定申告の種類には「青色申告」と「白色申告」の2種類があります。

これから独立される方は、「青色申告」と「白色申告」のどちらが自分に合っているか確認してみましょう。

ブソン
ブソン

とても重要なことじゃぞ!

青色申告と白色申告の違い

青色申告」と「白色申告」の違いは、事前申請提出書類の2つです。

事前申請

青色申告」…必要
白色申告」…不要

確定申告における提出書類

青色申告(65万円控除)」…損益計算書貸借対照表(複式簿記記帳)
青色申告(10万円控除)」…損益計算書(単式簿記記帳)
白色申告」…損益計算書(単式簿記記帳)

ヒミコ
ヒミコ

面倒くさそうだけど、青色申告の方が控除額が多いのよね?

ブソン
ブソン

その通りじゃ、手間のかかるぶん所得控除額が大きいのぅ

青色申告」をするには、事前に税務署へ青色申告承認申請書の提出をしなければいけません。

青色申告承認申請書の提出期限は開業時期によって異なります。

1月1日から1月15日までに開業した場合…3月15日まで
1月16日以降に開業した場合…開業日から2カ月以内

この提出期限を超えるとその年は「青色申告」で確定申告はできません。

青色申告」は、事前申請をし、きちんと帳簿を記帳することでメリットが受けられます。

ブソン
ブソン

独立して青色申告をするやつは、まず期限をしっかり把握しておくのじゃぞ

青色申告のメリット

青色申告」には大きく4つのメリットがあります。

1. 青色申告特別控除が受けられる
2. 赤字を3年間繰り越せる
3. 青色事業専従者給与を経費にできる
4. 30万円未満のものを一括で経費にできる

これらの特典は「白色申告」にはありません。

ヒミコ
ヒミコ

白色、残念じゃんー!

ブソン
ブソン

青色はそのぶん手間がかかるんじゃぞ

1. 青色申告特別控除

青色申告」では青色申告特別控除が受けられます。

青色申告特別控除によって所得控除額を増やすことができ、所得税や住民税を節税することができます。一種のサラリーマン控除の代わりですね。

所得控除額は、提出する書類や記帳の方法によって異なります。

65万円控除」…損益計算書と貸借対照表(複式簿記記帳)
10万円控除」…損益計算書(単式簿記記帳)
ブソン
ブソン

是非とも65万円控除を目指して欲しいのぉ

複式簿記単式簿記の違いは、記帳の方法です。

複式簿記は一つの取引を2つの事実に分けて記帳する方法です。

単式簿記は一つの取引をそのまま記帳する方法です。

複式簿記は簿記の知識が必要で、単式簿記は家計簿を付けていくイメージです。

複式簿記については、以前に書いた記事を参照してください。

複式簿記で記帳をすれば、65万円の所得控除額が受けられます。

今や会計ソフトを使用すれば、簿記の知識がなくとも簡単に複式簿記で記帳ができます。

 

ヒミコ
ヒミコ

65万円も税金が少なくなるってこと?

ブソン
ブソン

いーや、所得を65万円減らしていいってことじゃ

たとえば、

65万円控除の場合、所得税率と住民税率が合わせて30%なら、所得が65万円減るので、65万円×0.3=19.5万円の節税になります。

10万円控除の場合、所得税率と住民税率が合わせて30%なら、所得が10万円減るので、10万円×0.3=3万円の節税になります。

「白色申告」では、節税効果はありません。

2. 赤字を3年間繰り越せる

もし本年度一年間の収支が赤字になった場合、翌年度以降に赤字を全額繰り越こすことができます。

翌年に利益が出た場合、その利益から本年度分の赤字を相殺し、納税額を削減できます。また繰越できる年数は、最長3年間です。

青色事業専従者給与を経費にできる

青色事業専従者への給与を全額経費にできます。

親族に仕事を手伝ってもらって給与を払った場合は、その給与を全額経費にすることができます。

もちろん労働としての対価で、過大と判断されない範囲の金額でなければいけません。

 

ヒミコ
ヒミコ

ぜんぜん関係ない仕事や、ちょー高い給料を渡すことはダメなのね

 

ブソン
ブソン

そうじゃ、事前に給与額を申請しておくのじゃぞ

青色事業専従者への給与を経費にするには、事前に「青色事業専従者給与に関する届出書」を税務署長に提出しておかなければいけません。

また専従者が増えたり、給与を増額する場合は届出の変更をしなければいけません。

3. 30万円未満のものを一括で経費にできる

30万円未満のものを購入した場合、一括でその年度の経費にできます。

10万円以上のものを購入した場合、原則として複数年に分けて、償却資産として減価償却をしなければいけません。

青色申告」には「少額減価償却資産の特例」という特例があり、税込30万円未満であればその年度の経費として一括で経費にできます。

ただし、一年間の限度額は合計300万円までで、今のところ特例期間は2020年3月31日までです。

ヒミコ
ヒミコ

税込30万円までは減価償却を気にしないで購入できるねー

ブソン
ブソン

絶対に一括で経費にしなくてはダメなわけじゃないぞ。10万円以上30万以下であっても、利益が少ない場合には複数年で減価償却していってもいいんじゃぞ

まとめ

青色申告」と「白色申告」には、事前申請の有無や帳簿の記入方法、確定申告時の提出書類などによって、受けられる特典が異なります。

圧倒的に「青色申告」の方が節税効果があります。

白色申告

青色申告

事前申請

不要

必要

複式簿記

不要

必要

損益計算書

必要

貸借対照表

不要

必要

青色申告特別控除

×

10万円

65万円

赤字繰越

×

青色事業専従者給与経費算入

×

少額減価償却資産の特例

×

青色申告(10万円控除)」と「白色申告」は、事前申請をするかしないかだけで、確定申告のときの提出書類は同じです。

ブソン
ブソン

提出書類は、損益計算書(単式簿記記帳)じゃな

また、最近の会計ソフトは家計簿を付けていく感じで複式簿記での記帳ができてしまうため、簡単に「青色申告(65万円控除)」が可能です。

白色申告」をするメリットはほぼないと言えるでしょう。

本年度から独立される方は、開業日から2カ月以内に税務署に青色申告承認申請書を提出して、来年の確定申告は「青色申告」でしてみましょう。

オススメの会計ソフト、やよいの青色申告オンラインはこちら

freeeはこちら

簿記の勉強はまず3級から

コメント