【自然気胸になって胸腔鏡手術したぞ】退院後の経過 ❷

スポンサーリンク
アイキャッチ 雑記

こんばんは。自然気胸で療養中のひねもすのたり管理人のブソンです。

今年、僕は自然気胸という病気にかかり、胸腔鏡手術にて肺の切除手術を受けました。

退院して10日後(抜糸後7日目)に、胸腔ドレナージの傷口をもう一度縫合し直すことになりました。

今日は、それまでの過程を書きたいと思います。

ヒミコ
ヒミコ

ここまで来て縫い直しは嫌だなー

ブソン
ブソン

傷口にはかなり気を遣っていたのにのう

傷痕
スポンサーリンク

抜糸後1日目

退院して4日後です。

レントゲンでの再検査と、胸腔ドレナージを挿入していた穴の傷の抜糸をしました。

胸腔ドレナージのチューブを抜いてからは、8日後の処置でした。

ヒミコ
ヒミコ

胸腔ドレナージ(手術時はカメラ)の穴は、もし肺が縮んでいたときにもう一度使用するため糸を蝶々結びにしてるらしいよー

本日はシャワーのみ、明日以降であれば湯船に浸かっての入浴の許可が出ました。

処置した際の傷に当てているガーゼは、シャワーを浴びるときに取れてしまったらもうそのままでなにもしなくていい、とのことでしたのでシャワーのときに外しました。

主治医はバイ菌が繁殖するので傷は覆わなくてもいいよと言ってましたが、取り外したガーゼには黄白の液体が付いていたので、シャワー後に傷口を乾燥させてガーゼを軽く当ておくことにしました。下着が汚れるのも嫌ですしね。

ブソン
ブソン

今は消毒液や保護テープなどは使用せず、傷口をそのままにしておくのが主流じゃ!

抜糸後2日目

この日も当てておいたガーゼに黄白の液体が付いていました。

傷口にも白っぽい液体が付いていました。

この日から湯船に浸かっていいよとのことでしたので、あまり気にせずそのままゆっくりと湯船に浸かりました。

3週間ぶりの湯船でしたので、とても気持ちよかったです。

身体を芯まで温めたかったので、いつも使用していた入浴剤のバブを入れてゆっくり浸かりました。

ブソン
ブソン

ちょっと息苦しかったぞ。入浴は思っておるより体力を使うんじゃ!

抜糸後3〜4日目

まだガーゼや傷口に黄白の汚れがついたままです。

化膿しているためなのか、傷を治そうといている浸出液が出ているのかわからなかったため、昨日と同じように湯船に浸かり、傷口をシャワーでよく洗い、上からガーゼを当てておくことにしました。

熱めのお湯に浸かると少し息苦しい気がしました。

3月5日のレントゲンではまだ完全に肺は膨らんでいないので、肺が温められて、溜まっている空気が膨張したのかなと思います。

ヒミコ
ヒミコ

逆に水圧で身体が縮まるので、肺も縮むそうよー

抜糸後5〜6日目

まだ黄白の液体が出ています。

この日からはガーゼではなく、キズパワーパッドを使用し、毎日交換することにしました。

入浴時には、キズパワーパッドの中央部分が白くなって膨れ上がっています。

傷口が赤くなったり、腫れていたり、熱を持っていたりといったことはありません。

ただ白っぽい液体が傷の周りに付着してるだけです。

化膿していたら怖いので、明日病院へ聞いてみることにしました。

ブソン
ブソン

化膿して体内まで感染していたら大変!また入院じゃ!

抜糸後7日目

手術した病院に電話をして、傷の状況を伝えました。

見てみないとわからないけれど、主治医は一日手術で外来診察できないので近くの外科へ行ってほしいとのことでした。

ヒミコ
ヒミコ

えー!診てよーって感じよねー

ブソン
ブソン

いきなりじゃったからしようがないぞ!

午前中に近くの外科で外来にて診察してもらいました。

傷口の化膿はないが、感染により傷口が壊死していて縫い直しが必要だとの診察結果でした。

その場で傷口の壊死している部分を削ぎ、傷口を縫い直してもらいました。

傷口が大きくなるため、抜糸まではさらに2週間ほどかかるそうです。

ヒミコ
ヒミコ

え!?2週間もかかるのー?

ブソン
ブソン

またしばらくお風呂は禁止じゃ!

ついでに肺のレントゲンの撮影もしてもらいました。

3月5日の検査ではまだ肺は膨らみきってませんでしたが、レントゲン画像を見る限り、上部までしっかりと膨らんでいるようでした。縮んでいる気配はありません。

その点ではとても安心しました。

まとめ

抜糸から1週間たっても傷口から白っぽい液体が止まらなかった結果、感染により傷口が壊死していました。

抜糸後、湯船に浸かるタイミングが少し早かったのかなと反省しています。

ブソン
ブソン

長い間チューブを挿入していた場合にはよくあることらしいぞ!

ヒミコ
ヒミコ

傷の縫い方にも問題があるそうよー

胸腔ドレナージの傷の抜糸後は、

1. その日はシャワーも浴びない

2. 次の日からシャワー

3. その翌日からきれいな湯船に浸かる

くらいのスケジュールがいいと思います。

早く湯船に浸かりたい気持ちはよくわかりますが、僕のように傷痕の縫合のし直しにならないためには、医者が言うよりも少し慎重にしていた方が安全です。

その他には、胸腔鏡手術の後遺症が出てきています。

胸腔鏡手術をした右側の胸の表面に、片手の手の平くらいの範囲でヒリヒリとする部分があります。動いて肌着などに擦れるとヒリヒリします。

そこだけ神経が過敏になっているのか、ずっと鳥肌が立っているような感じです。

またちょうど胃の辺りの表面には感覚が鈍い箇所があります、これは直径5cmくらいの範囲ですが、軽い麻酔の注射を打ったみたいに少しだけ皮膚感覚が鈍くなっている感じです。

これらは、胸腔鏡手術によって肋骨の間に穴を空けたさいに神経が傷つけられるために起こる肋間神経痛だそうです。

半年から1年ほどで次第に治ってくるようですが、その後も雨や台風の日には再発したりすることもあるようです。

肋骨の間にはたくさん神経が走っているため、負担が少ないと言われている胸腔鏡手術にも後遺症はあるようです。

ブソン
ブソン

これからも上手に付き合っていくことじゃ!

次のレントゲン検査は、4月4日(木)です。

また経過報告をします。

コメント