【自然気胸になって胸腔鏡手術したぞ】退院後の経過 ❹

スポンサーリンク
アイキャッチ 雑記

こんばんは。自然気胸で療養中のひねもすのたり管理人のブソンです。

今年、僕は自然気胸という病気にかかり、胸腔鏡手術で肺の切除手術を受けました。

退院したのが2019年3月1日なので、ちょうど6カ月が経ちました。

その後の経過について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

気胸の経過

気胸の経過は順調!肋間神経痛は治らず!

4月4日にレントゲン撮影と血液検査をしてからは、とくに検査はありませんでした。

気胸は手術して6カ月経てば、再発率がぐんと下がるようです。

日常生活でも息苦しさを感じることもなくなり、軽い運動をしていても大丈夫です。

しばらく寝起きに深く呼吸をすると突っ張ったような感じがありましたが、そちらもだんだんとなくなりました。

手術痕の傷もふさがったようで、タオルでゴシゴシと洗えるようになりました。

就寝時に手術痕の側を下にして寝ることもできるようになりました。

手術痕の傷は、風呂上がりに「アットノン」を塗ってケアをしていました。

退院後にずっと気になっていた肋間神経痛ですが、いまだに感覚の鋭い部分と少し麻痺して感覚の鈍い部分があります。

これはしばらく治りそうにないので、気にしないようにしています。

肋間神経痛

気胸手術後に出た症状

初めての手術を経て、身体にぞくぞくと異変が!

気胸にかかるまでは、人間ドックでほとんど悪い結果はありませんでした。

体調に異常を感じたこともとくになかったです。

退院して3週間後の3月30日に人間ドックを受診したのですが、再検査の通知や数値の悪い項目がありました。

入院や手術の影響があったかどうかはわかりませんが、気胸になる前となった後で大きく変化のあった項目は次の3つです。

血尿

人間ドックで要再検査となったのは、尿検査です。

顕微鏡的血尿で、数値は2プラス(赤血球/HPF 20〜29)でした。

今まで血尿が出たことがないので、心配になってすぐ結果の説明を受けました。

結果説明(4月12日)

血尿にはさまざま原因がありますが、その中には腎臓、膀胱、前立腺のがんなどがあります。

まずエコー検査で、腎臓、膀胱、前立腺などに腫瘍がないかを確認することは重要です。

また再び採尿をして、一時的な出血なのか、持続的な出血なのかを見極める必要もあります。

もし出血が続いている状態であれば、尿の中にがん細胞が混じっていないか検査(細胞診検査)をします。

気胸の手術後は一時的に尿道にカテーテルを入れます。

僕は、カテーテルを抜くときに尿道に傷がついて出血したのではないかと思っていたのですが、どうやら違うようです。

結果説明で、後日採尿とエコーの検査をしましょうということになりました。

再検査1回目(4月22日)

まず、腎臓、膀胱、前立腺など下腹部のエコー撮影をしました。

膀胱内を撮影するため、尿をしっかりと溜めた状態でエコーを行います。

その結果、腎臓、膀胱、前立腺などにとくに腫瘍は見受けられないとのことでした。

そのまま採尿をして、血液が混じっていないかと変形した細胞が混じっていないかを検査します。

その結果、まだ少し顕微鏡的血尿があり、数値は1プラス(赤血球/HPF 5〜9)でした。

細胞診の結果は、クラス2(陰性)で若干細胞に変形は見られるが異常はないとのことでした。

1カ月後に再検査することになりました。

再検査2回目(5月17日)

前回と同じように、採尿をし、細胞診検査をします。

結果は、依然として顕微鏡的血尿があり、数値は1プラス(赤血球/HPF 1〜4)でした。

少しずつ出血の量は減っているようです。

細胞診の結果もクラス2(陰性)と前回と変化はありませんでした。

おそらく問題はないと思われるが、しばらく様子をみましょうということで、次は3カ月と間を空けて再検査することになりました。

もしかしたら腎臓で小さな結石ができて、尿路に傷を付けたのでないかとおっしゃっていました。

コレステロール値

3月30日に受診した人間ドックで数値が悪かったのは、血中の悪玉コレステロール値(LDH)です。

数値は、141mg/dl正常値70〜139mg/dl)でした。

悪玉コレステロール値(LDH)は、善玉コレステロール値の2倍以内の値が目安のようです。

善玉コレステロールの数値は58mg/dl(正常値40〜80mg/dl)だったので、2倍以上の数値なります。

これくらいであれば問題ないとのことでしたが、積極的に改善することしました。

昼食時に、食物繊維の多い海藻類(めかぶを1パック)を毎日摂取することにしました。

めかぶのとろみには、糖の吸収を妨げる効果がありますので、血糖値の上昇も抑える効果があります。

その結果、7月2日の血液検査では、悪玉コレステロール値(LDH)の数値は126mg/dl(正常値70〜139mg/dl)まで下げることができました。

まだ善玉コレステロールの2倍以上の数値なので、引き続き改善をしていきたいと思います。

尿酸値

3月30日に受診した人間ドックで特に数値が悪かったのは、尿酸値です。

数値は8.5mg/dl(正常値3.6〜7.0mg/dl)でした。

いつ痛風を発症してもおかしくない数値ですので、食生活の改善と運動に気を付けることにしました。

食生活の改善と運動の甲斐もあって、7月2日の血液検査では7.6mg/dlまで下げることができました。

まだまだ正常値の範囲外なので、こちらも引き続き改善をしていきたいと思います。

まとめ

因果関係はわからないが、手術後には身体に異変が起こるかも!

気胸の術後の経過は、今のところ順調です。

手術後の再発率は10〜15%ほどだそうですが、術後6カ月以降はぐんと下がるようです。

再発すると一瞬で動けなくなるので外出するのが心配になりますが、そこはあまり気にせずに積極的に外出するようにしています。

術後に起きた身体の異変は一時的なもので気胸の手術とは関係がないと思いますが、引き続き検査を受けながら様子を見ていきたいと思います。

あとは肋間神経痛が治まってくれればいいですが、こちらはもっと長い時間がかかりそうです。

また報告します。

コメント