【最新版】扶養の税金・社会保険の壁(100万・103万・106万・130万・150万・201万)

スポンサーリンク
アイキャッチ 雑記

こんばんは。ひねもすのたり管理人のブソンです。

2018年より配偶者控除の制度が変更になりましたね。

専業主婦(主夫)がパートなどで働く場合に参考にしたいのが、扶養の範囲内で働くことですよね。

扶養とは、配偶者に養ってもらうことを指します。

扶養の範囲内であれば、所得税や住民税、健康保険や厚生年金を支払う必要はありません。

では、いくらまでに収入を抑えれば、扶養の範囲内に収まるのでしょうか?

ヒミコ
ヒミコ

知りたい!知りたーい!

所得税や住民税、健康保険や厚生年金が発生するまでにはいくつかの段階があります。

スポンサーリンク

扶養の種類は2つ

税金の壁は4つ、社会保険の壁は2つある!

現在日本には、税金の壁と呼ばれるものと、社会保険の壁と呼ばれるものがあります。

税金の壁とは、所得税や住民税が発生する段階のことで、100万円103万円150万円201万6,000円の壁があります。

この壁を越えると、自分で所得税や住民税を払うことになります。

また、自分で所得税や住民税を払うことになれば(配偶者の扶養から外れたら)、配偶者の所得税・住民税も上がります。

社会保険の壁とは、健康保険や厚生年金が発生する段階のことで、106万円130万円の壁があります。

この壁を越えると、自分で健康保険や厚生年金を払うことになります。

社会保険の壁を超えて自分で健康保険や厚生年金を払うことになっても(配偶者の扶養から外れても)、配偶者の社会保険料は変わりません。

100万円の壁(住民税:税金の壁)

年収100万円を越えると、住民税がかかる!本人

年収が100万円までなら、所得税も住民税もかかりません。

100万円を超えると、100万円を超えた額に対して住民税がかかります。

住民税は、100万円を超えた所得に対して基本に10%です。

ですので、100万円を超えたとしても手取り額が減るということはありません。

年収101万円のイメージ

100万円(年収)−(101万円−100万円)×0.1(住民税)=100万9千円(手取り)

ヒミコ
ヒミコ

ホントだ!増えても手取りは100万円以下にはならないんだねー

103万円の壁(所得税:税金の壁)

年収103万円を越えると、所得税がかかる!本人

年収が103万円を超えると、103万円を超えた額に対して所得税が発生します。

所得税は、103万円を超えた所得に対して5%〜45%です。

ですので、103円を超えたとしても手取り額が減るということはありません。

もし、配偶者の会社に独自の扶養手当があれば、そちらの年収限度額に注意してください。

年収104万円のイメージ

104万円(年収)−(104万円−100万円)×0.1(住民税)−(104万円−103万円)×0.05(所得税)=103万5500円(手取り)

ヒミコ
ヒミコ

ホントだ!増えても手取りは103万円以下にはならないんだねー

106万円の壁(社会保険料:社会保険の壁)

年収106万円を越えると、社会保険料がかかる場合がある!本人

年収が106万円を超え、勤める会社の規模や条件が下記に当てはまる場合は、社会保険に加入しなければいけません。

  • 正社員が501人以上
  • 収入が月88,000円以上
  • 雇用期間が1年以上
  • 所定労働時間が週20時間以上
  • 所定労働時間が週20時間以上

勤める会社の規模や条件が上記に当てはまらない場合は、106万円の壁はなく、次の130万円の壁になります。

自分で健康保険や厚生年金を払うことになっても(配偶者の扶養から外れても)、配偶者の社会保険料は変わりません。

年収120万円のイメージ(社会保険あり)

120万円(年収)−(104万円−100万円)×0.1(住民税)−(104万円−103万円)×0.05(所得税)−16万円(社会保険料)=103万5500円(手取り)

住民税と所得税の元が120万円ではなく104万円になっているのは、支払った社会保険料は全額、収入から控除することができるからです。

収入=120万円(年収)−16万円(社会保険控除)=104万円

年収120万円のイメージ(社会保険なし)

120万円(年収)−(120万円−100万円)×0.1(住民税)−(120万円−103万円)×0.05(所得税)=117万1500円(手取り)

ヒミコ
ヒミコ

社会保険料って高いねー

130万円の壁(社会保険料:社会保険の壁)

年収130万円を越えると、社会保険料がかかる!本人

年収が130万円を超えると、無条件で社会保険に加入しなければいけません。

勤める会社で厚生年金や健康保険に加入する場合と、自分で国民年金や国民健康保険に加入する場合とがあります。

ブソン
ブソン

厚生年金の半分は会社負担なので、厚生年金に入れたら入りたいのう

自分で健康保険や厚生年金を払うことになっても(配偶者の扶養から外れても)、配偶者の社会保険料は変わりません。

年収140万円のイメージ

140万円(年収)−(120万円−100万円)×0.1(住民税)−(120万円−103万円)×0.05(所得税)−20万円(社会保険料)=117万2000円(手取り)

住民税と所得税の元が140万円ではなく120万円になっているのは、支払った社会保険料は全額、収入から控除することができるからです。

収入=140万円(年収)−20万円(社会保険控除)=120万円
ヒミコ
ヒミコ

年収120万円(社会保険なし)と年収140万円(社会保険あり)の手取りはほぼ同じなんだねー

150万円の壁(配偶者特別控除:税金の壁)

年収150万円を越えると、配偶者特別控除が減っていく!配偶者

年収が150万円までなら、配偶者特別控除を配偶者控除と同じ38万円受けることができます。

配偶者控除や配偶者特別控除は、本人ではなく、配偶者が控除を受けることができる制度です。

配偶者控除は、本人の年収が103万円までなら38万円受けることができます。

配偶者特別控除は、年収103〜150万円までは配偶者控除と同じ38万円の控除を受けることができます。

年収150万円を越えると段階的に減っていき、年収201万円を越えると配偶者特別控除は0円になります。

配偶者特別控除

出典:配偶者控除・配偶者特別控除|国税庁

ただし、配偶者側の年収が1220万円を越えると配偶者特別控除を受けることはできません。

ですので、本人の年収が150万円以下、配偶者の年収が1220万円以下であれば、手取り額が減るということはありません。

年収160万円のイメージ

160万円(年収)−(136万円−100万円)×0.1(住民税)−(136万円−103万円)×0.05(所得税)−24万円(社会保険料)=130万7500円(手取り)

上記に加え、配偶者の配偶者特別控除が7万円減る(38万円から31万円)。

ヒミコ
ヒミコ

年収150万円を超えると、配偶者の配偶者特別控除が少しずつ減っていくのねー

201万6000円の壁(配偶者特別控除:税金の壁)

年収201万6000円以上になると、配偶者特別控除がなくなる!配偶者

配偶者特別控除は、本人の年収が201万円6000円を越えると0円になります。

年収201万6,000円以上で、すべての扶養から完全に外れることになります。

年収220万円のイメージ

220万円(年収)−(190万円−100万円)×0.1(住民税)−(190万円−103万円)×0.05(所得税)−30万円(社会保険料)=176万8500円(手取り)

上記に加え、配偶者の配偶者特別控除が38万円減る(38万円から0万円)。

ヒミコ
ヒミコ

あーあ、、、配偶者の配偶者特別控除がなくなっちゃったー

まとめ

働ける環境があれば、扶養範囲を気にせずに働く方がメリットが多い!

2019年現在、日本には、税金の壁が4つ(100万円、103万円、130万、150万円、201万6,000円)社会保険の壁が2つ(106万円、130万円)あります。

扶養の壁

これらの壁を越えると、自分で所得税や住民税、健康保険や厚生年金を支払うことになり、また配偶者の配偶者特別控除が減ってしまいます。

本人の年収が180万円以下では十分に気を付けなければいけませんが、それ以上であれば、もし扶養から外れたとしても、働けば働くほど世帯年収は確実に増えていきます。

また、会社の厚生年金や健康保険に加入すれば、傷病手当金や障害年金などのメリットも多く、何より自分自身の年金を増やすことができます。

扶養範囲内でなどと考えずに、働ける環境があればどんどん働きましょう!

コメント