【独学で行政書士】基礎法学・憲法の勉強の進め方

スポンサーリンク
アイキャッチ 行政書士

こんばんは。 行政書士試験合格のひねもすのたり管理人のブソンです。

「ひねもすのたり 独学で!資格ブログ」は、独学で資格取得を目指していくブログです。

行政書士試験には、基礎法学・憲法という科目分野があります。

予備校や通信で勉強する方はそれぞれのカリキュラムに沿って勉強を進めていけばいいですが、独学で行政書士を目指す方は使用教材や勉強のし方、スケジュールの立て方に悩むかもしれません。

僕は2020年の行政書士試験に独学で挑戦しましたが、本試験は216点、そのうち基礎法学・憲法は7問中3問(基礎法学0点・憲法12点)の正答でした。

基礎法学・憲法は点の取りにくい科目分野の一つです。

問題ごとに難易度の落差が大きく安定して点を取りにくいので、苦手にしてしまう人も多いです。

難しい問題は解けなくてもいいので、テキストや過去問に出てくる条文暗記や判例理解といった基礎を中心とした勉強をしっかりしておくことが最善の策になります。

では、行政書士試験に独学で挑戦する方のために基礎法学・憲法の勉強の進め方について書いていきます。

【独学で行政書士】民法の勉強の進め方
行政書士試験の民法の勉強の進め方についてです。ひねもすのたり 独学で資格取得ブログは、独学で資格取得を目指すブログです。体験談から、資格の特徴、テキスト選び、勉強方法、ノウハウなど、合格までの手引きをするサイトです。
【独学で行政書士試験】行政法の勉強の進め方
行政書士試験の民法の勉強の進め方についてです。ひねもすのたり 独学で資格取得ブログは、独学で資格取得を目指すブログです。体験談から、資格の特徴、テキスト選び、勉強方法、ノウハウなど、合格までの手引きをするサイトです。
【独学で行政書士試験】商法・会社法の勉強の進め方
行政書士試験の民法の勉強の進め方についてです。ひねもすのたり 独学で資格取得ブログは、独学で資格取得を目指すブログです。体験談から、資格の特徴、テキスト選び、勉強方法、ノウハウなど、合格までの手引きをするサイトです。
【独学で行政書士試験】一般知識の勉強の進め方
行政書士試験の一般知識の勉強の進め方についてです。ひねもすのたり 独学で資格取得ブログは、独学で資格取得を目指すブログです。体験談から、資格の特徴、テキスト選び、勉強方法、ノウハウなど、合格までの手引きをするサイトです。
スポンサーリンク

配点は全体の12%

まず、基礎法学・憲法の配点を確認しましょう。

基礎法学が択一問題2問(8点)、憲法が択一問題5問(20点)多肢選択問題が1問(8点)の計36点(300満点中)となっています。

全体の12%と高くはないですが、試験問題の1問目から7問目で出題され、憲法には多肢選択問題もあるので重要な科目分野です。

配点
ブソン
ブソン

憲法、民法、行政法は、合わせて3大法令と呼ばれるぞ!

基礎法学・憲法は、基本的に暗記です。

憲法の統治部分(国会・内閣・司法)は条文暗記、人権部分は条文に加えて判例の趣旨理解が必要になります。

基礎法学は範囲がとても広く、出題範囲も明確ではないので、法学系の学校の出身者でない初学者には対策が難しいです。

憲法は条文暗記と判例理解を中心に、基礎法学は過去問の論点を中心に勉強を進めていくことになるでしょう。

他にも行政書士試験には行政法、商法・会社法、一般知識の個人情報保護などの暗記科目があります。

後半に暗記の科目をたくさん残すとしんどいので、勉強計画の初めのうちに基礎法学・憲法を一通り終えておくと、後々楽に勉強を進めることができます。

毎日少しずつ六法の暗記を進めて、条文や判例の理解を深めておきましょう。

日々の積み重ねと復習が本試験で点数を取る近道になります。

過去問だけで正答できる問題数は1.8問

どんな資格試験もまずは過去問の克服です。これが基本的な勉強方法です。

過去問を完璧に仕上げた場合、本試験でどのくらい得点できる可能性があるのでしょうか。

基礎法学・憲法の択一問題では、過去問題だけで正答できる問題数は7問中1.8問というデータがあります。

2015年度

(平成27)

2016年度

(平成28)

2017年度

(平成29)

2018年度

(平成30)

2019年度

(令和元年)

2020年度

(令和2年)

基礎法学

0/2

0/2

1/2

1/2

0/2

1/2

憲法

2/5

1/5

2/5

1/5

2/5

0/5

合計

2/7

1/7

3/7

2/7

2/7

1/7

このデータを見てみると、基礎法学・憲法ともに過去問だけで対応することは難しいと言えます。

5肢択一なので、適当に解答しても確率的には7問中1.4問は正解できる計算になります。

過去問を完璧に仕上げても正答数はあまり変わりません。

基礎法学・憲法ともに、どうしても解けない難しい問題が毎年必ず出題されます。

テキストや問題集などで基本的な勉強をし、まずは過去問題を完璧に解けるようにした上で、より完璧に条文を暗記すること、まだ出題されていない判例や論点にも広げつつ理解を深めていくことが大切です。

過去問だけでは点数を取ることはできませんが、まずは過去問を完璧に仕上げることが先決です。

ブソン
ブソン

基礎法学を1問・憲法を3問の正答を目標にしたいぞ!

おすすめの教材と進め方

基礎法学・憲法で点数を取るために必要な教材です。

まずは憲法の勉強を先に始めましょう。

憲法は、大きく5肢択一多肢選択問題に分かれます。

5肢択一対策は夏前までに、多肢選択は5肢択一対策をしっかりとしていればとくに何もする必要はありません。

● 必要な教材

  • よくわかる憲法
  • 合格革命 肢別過去問集
  • ウォーク問 過去問題集
  • 出るとこ千問ノック
  • 記述問題集(多肢選択)
  • 模試
  • 年度別過去問
  • 六法

● スケジュール

タイムスケジュール

7月末までは5肢択一対策を。過去問を完璧に理解できる状態に!

テキストは好きなものを使用しても構いません。

行政書士専用のオールインワンの合格テキスト(すべての科目分野が1冊になったテキスト)を使用しても、憲法の専門書を使用してもいいです。

オールインワンのテキストは過去に出題された問題を中心に編成されています。

基礎法学・憲法は過去問からの出題頻度はかなり低く、オールインワンのテキストでは行政書士以外の試験への対応も難しいです。

司法書士などの他の資格へのステップアップを見据えているのなら、初めから専門書を選択する方が賢明だと思います。

僕がおすすめするテキストは「よくわかる憲法」です。基礎法学の内容も掲載されています。

行政書士試験だけでなく他の資格試験にも幅広く対応していて、とてもわかりやすく理解しやすいテキストです。

設例の表現内容がかなり偏っているのが気にはなりますが、憲法・基礎法学の基礎を効率的に勉強できます。

もちろん行政書士試験にも申し分のない内容になっています。

勉強のし始めはテキストに集中し、全体像を捉えてから問題集に入ると理解がスムーズに進みます。

勉強の開始タイミングは、試験の前年のうちにテキスト一読を完了できていると後がとても楽です。

ブソン
ブソン

じっくり読み込むより、ざっくり何度も読み返した方がいいぞ!

基礎法学で点を取ることは、初学者にはとても難しいです。

難しい問題も多く、基礎と付くだけあって範囲も広いので、テキストや過去問と同じ論点が出題された場合は確実に得点できる状態にしておきましょう。

過去問では、「伊藤真の法学入門」に掲載されていることがよく出題されているので、日頃の読書代わりに一読しておいてもいいと思います。

Kindle Unlimitedなら、無料で30日間試し読みができます。

問題集は、過去問とその他の問題集に分かれますが、基礎法学・憲法の場合はテキスト終了後すぐに過去問題に入っていいでしょう。

民法、行政法と比べて配点が低いので、多くの時間を割くことが効率的ではないからです。

問題集を追加するのなら、過去問を一通り終えて、それでも必要だと感じた場合にしましょう。

過去問には、一問一答、分野別、年度別の種類があります。

3つの過去問の中で一番重要なのは一問一答です。

なぜなら、一問一答が解けるようになると分野別や年度別は必ず解けるようになるからです。

過去問は一問一答から始めましょう。

僕がおすすめしたい一問一答の過去問は、合格革命の「肢別過去問集」です。

ブソン
ブソン

行政書士試験ではとても有名な問題集じゃ!

「肢別過去問集」には、昭和63年から昨年までの本試験の問題が掲載されています。

とても基礎的な内容になっているので、日々の勉強のベースにし、試験直前まで反復して使用するのがいいでしょう。

基礎法学・憲法の問題数は少ないので、比較的短時間で解答し終えることができるはずです。

「肢別過去問集」に出てくる条文や判例は、すべて完璧に答えられるようにしておきしましょう。

分野別の過去問は、LECの「出る順行政書士 ウォーク問 過去問題集❶ 法令編」でいいでしょう。

ただ、ウォーク問は解説があまり良くないので、ウェブの解説など利用しても、他に10年分の過去問題がしっかりと掲載されている問題集があればそちらを使用してもいいと思います。

「ウォーク問」には過去10年分のすべての問題が分野別に収録され、「肢別過去問集」に掲載されていない問題も掲載されています。

「肢別過去問集」をしっかりと解答できていれば、7〜8割は正答することができるはずです。

ウォーク問では、5肢択一問題(消去法での答えの導き方)や行政書士試験独特の言い回しに慣れることを念頭に置いて、要所要所で解き直すようにしましょう。

10年分の過去問に出てくるすべての問題の論点や判例は確実に抑えておきましょう。

ブソン
ブソン

10年分の過去問題を完璧に仕上げること、それが最初の目標じゃ!

ここまでの過程をしっかりとしていれば、本試験で7問中3問は正答できる力が付いているはずです。

この時点で一度、テキストの「よくわかる憲法」に戻ってみてもいいでしょう。

忘れていたり、気付けなかった新しい発見がたくさんあると思います。

8月からは模試で初見の問題に慣れ、多肢選択問題にもたくさん触れる!

憲法では、多肢選択問題も出題されます。

多肢選択問題は、最初のうちは難しく感じるかもしれませんが、比較的点数の取りやすい問題です。

多肢選択問題の対策はとくにする必要はありません。

条文学習と判例学習をしていれば必ず得点源にできますので、日頃から択一問題の論点をしっかりと掴む癖を付けておきましょう。

多肢選択問題では、4問中3問の正答を目指しましょう。

多肢選択の問題は、民法や行政法で使用する記述問題集にも掲載されていますので、有効に活用してください。

さらに、市販模試や公開模試などでできるだけたくさんの多肢選択問題に触れておきましょう。

ブソン
ブソン

多肢選択問題対策はとくにする必要はないぞ!

ここからは、市販模試や公開模試などで実践レベルで応用力を上げていくことになります。

市販模試と公開模試はどちらを使用してもそこまで大差はありません。

会場で本試験と同じ状況で受験したい方や、受験スコアを知りたい方は公開模試を受験しましょう。

出版社や予備校で出題タイプが異なるので、たくさんの模試を受ければ受けるほどさまざまなパターンに触れることができます。

また、合格革命の「一問一答式 出るとこ千問ノック」をレパートリーに追加してもいいでしょう。

「千問ノック」は、過去問ではない一問一答の予想問題集です。

少し変わった問題や重箱の隅を突いたような細かい問題もあるので、優先順位は低めです。

時間に余裕があればで構いません。

模試で間違えた問題はしっかりと見直しをして、苦手分野や初見の判例問題などの理解を中心に勉強を進めましょう。

暗記が不十分な条文にもしっかり目を通しておきましょう。

模試の復習が実力アップに一番効果的です。

本番では初見の問題と対峙することになります。

初見の問題をたくさんこなして対応力を身に付けておきましょう。

試験直前(1週間くらい前から)には、年度別過去問を最新年度から3年分ほど解答しておきましょう。

模試の言い回しから本試験の言い回しに目を戻しておくことが目的です。

年度別過去問は、「肢別過去問」や「ウォーク問」で解答した問題ばかりなので、ほぼ正解できるはずです。

市販模試には付録で直前年度分の本試験問題が収録されているものもあり、行政書士試験研究センターのホームページからも直近6年分の過去問をダウンロードすることができます。

試験問題・模範解答(行政書士試験研究センター)

行政書士試験研究センターの過去問は、著作権の関係で割愛されている問題があり、解説もないので、別途市販の年度別過去問を購入してもいいと思います。

まとめ

行政書士試験の勉強方法はさまざまで、挑戦した人の数だけの勉強方法があります。

勉強方法に正解や不正解はありませんが、唯一言えることは合格者の勉強方法は正しいということです。

合格者の勉強方法で自分に合っていると思うものはできるだけ試して真似をしてみるようにしましょう。

基礎法学・憲法は、難しい問題が多く、点数が安定しない科目分野です。

難易度の高い問題はあまり深追いせずに、過去問や模試などで触れた問題の条文暗記や判例理解から徐々に範囲を広げて勉強を進めていくようにしましょう。

● 7月末までは択一問題対策、過去問を完璧に解けるように!

● 過去問は、一問一答 分野別 年度別の順でする!

● 8月以降は模試を中心に、初見の問題や多肢選択問題にたくさん触れる!

独学でも手順をしっかりと踏んで勉強を継続できれば、苦手意識は必ずなくなります。

頑張って下さい。

\オンスク.jpで行政書士の勉強を始める/

● 月額料金 1078円〜(税込)
● 憲法、民法、行政法、商法の論点を解説した講義動画
● 行政書士の過去問を徹底分析! 問題演習
● 全体像を把握するのにも効果的なPDFテキスト付き
● 効率的なインプットや復習に便利なダウンロード教材付き