【色彩検定UC級レッスン】第8章 事例集❷

スポンサーリンク
アイキャッチ 色彩検定

こんばんは。 UCアドバイザーのひねもすのたり管理人のブソンです。

「ひねもすのたり 独学で!資格ブログ」は、独学で資格取得を目指していくブログです。

色彩検定UC級は、2018年冬期から新設された検定です。

UC級では、色のユニバーサルデザインの基本を学ぶことができます。

色彩検定の中でも難易度は低いので、ポイントを押さえていけば、比較的簡単に合格できます。

「色彩検定UC級 レッスン」では公式テキストに沿って、検定に合格するためのポイントを解説していきます。

では前回に引き続き、色彩検定UC級の第8章「事例集」を学習していきましょう

色彩検定UC級バナー
スポンサーリンク

第7章 事例集 ❷

背景との明度差(コントラスト)に注意

背景と表示の明度が近いと区別しづらくなる→しっかりと明度差を付ける!

背景と表示の明度が近い(コントラストがない)と表示が見づらくなります。

背景と表示に明度の差をしっかりと付け、コントラストを上げると見やすくなります。

コントラストを上げるために明るい光を用いる場合、高齢者には注意が必要です(→復習 )。

 

1. 切符の価格表


事例11

 

赤の背景と黒い文字は区別しづらい。背景の赤を黄よりのオレンジにすると文字と明度に差がつくので、可読性が上がる。

 

2. イラスト


事例12

 

背景とイラストの明度差が近いと認識しづらい。イラストの明度を下げると背景と明度差が付くので、わかりやすくなる。

ブソン
ブソン

明度差を付けると、どんな人にも見えやすくなるぞ!

高齢者が区別しづらい色の組みわせに注意

高齢者は、黒と黄、青と黒が区別のしづらいの組みわせです。

 

3. 男性トイレ


過去問題

事例13

 

高齢者には黒と青は区別しづらい。青の明度を上げるとわかりやすくなる。

 

4. 駅などの床標識


事例14

 

高齢者には黄と白は区別しづらい。黄を黒に変えるか、矢印に濃い色のアウトラインを付けると視認性が上がる。

ブソン
ブソン

黒と青、黄と白の組み合わせは、注意するのじゃ

識別性

複数の色を使用する場合、区別しづらい色の組み合わせを避けるか、色以外の情報を加えることで正確に伝えることができる。

 

5. パイロットランプ


過去問題

事例15

 

暖色系の色でまとめると見分けづらい。寒色や無彩色を組み合わせるか、形や点滅速度を変えるなど、色以外の情報で区別する。

 

6. 電車の路線図


過去問題

事例16

 

黄緑とオレンジは区別しづらい。赤紫に変えると、青と組み合わせても識別性が高くなる。

 

7. グラフ


事例17

 

赤と緑は区別しづらい。色が変えられない場合は、文字を添えると何色かわかるようになる。

 

8. 時刻表

事例18

 

色分けをしていても区別しづらい。赤を黄よりのオレンジにするともに、色以外の情報を使って区別する。

 

9. グラフ


過去問題

事例19

 

明度の近い色の組み合わせは区別しづらい。境界線にアウトラインを入れるか、柄(ハッチング)を入れると区別しやすくなる。

 

10. 地図


事例20

 

オレンジとグリーンは区別しづらい。グリーン部分に柄や模様を入れるとわかりやすくなる。

ブソン
ブソン

複数の色を使用する場合は組み合わせだけではなく、文字、柄、形など、色以外の情報で区別するのじゃ

まとめ

「第8章 事例集❷」は、今までに学んだユニバーサルデザインの考え方に沿って、街中でよく見かける表示の改善の一例です。

明度差(コントラスト)、高齢者が区別しづらい色、複数の色の使用には注意する!

色彩検定UC級は、色彩検定2級のテキストと合わせて勉強すると、もっと詳しく学ぶことができます。

コメント