【色彩検定UC級レッスン】第8章 事例集❶

スポンサーリンク
アイキャッチ 色彩検定

こんばんは。 UCアドバイザーのひねもすのたり管理人のブソンです。

「ひねもすのたり 独学で!資格ブログ」は、独学で資格取得を目指していくブログです。

色彩検定UC級は、2018年冬期から新設された検定です。

UC級では、色のユニバーサルデザインの基本を学ぶことができます。

色彩検定の中でも難易度は低いので、ポイントを押さえていけば、比較的簡単に合格できます。

「色彩検定UC級 レッスン」では公式テキストに沿って、検定に合格するためのポイントを解説していきます。

では早速、色彩検定UC級の第8章「事例集」を学習していきましょう

色彩検定UC級バナー
スポンサーリンク

第7章 事例集 ❶

暗い背景に赤の表示は注意

暗い背景に赤の表示はわかりにくくなる→赤を黄色よりのオレンジにする!

暖色で鮮やかな色の赤は、誘目性が高く、注意を引きつけやすい色です。

けれど、それはあくまで正常色覚の人にとっての話です。

背景が暗い色の場合、1型色覚の人には区別しづらくなります(→復習 )。

1型色覚の人が見づらくなる事例を集めました。

1. 駅の券売機


事例1

黒い背景に赤い文字は区別しづらい。赤を黄よりにすると見えやすくなる。

 

2. ATMのコイン投入口


事例2

黒い背景に赤い文字は区別しづらい。赤を黄よりにするとわかりやすくなる。

 

3. タクシーの空車ランプ


事例3

黒い背景に赤い文字は区別しづらい。赤を黄よりにすると遠くからでも見つけやすくなる。

 

4. 駐車場の満車ランプ


事例4
夜になって暗くなると赤い文字は区別しづらい。赤を黄よりにすると遠くからでも読みやすくなる。

 

5. 改札の進入禁止マーク


事例5
暗い緑の背景に赤いマークは、すべ手の人にとって誘目性が高いわけではない。赤を黄よりにするとわかりやすくなる。マークの円を白で縁取ることも有効。

 

6. 電車のドアの注意シール


事例6

出典:JR西日本

暗い背景に赤いマークはわかりづらい。赤を黄よりにすると視認性が高くなる。

 

7. 駅の案内表示


過去問題

事例7

 

黒い背景に赤い文字はわかりづらい。赤を黄よりにすると可読性が高くなる。

 

8. 駅の案内表示


事例8

黒い背景に赤い文字は区別しづらい。赤を黄よりにすると見えやすくなる。

 

9. 現在地案内


事例9
暗い背景に赤い文字はわかりづらい。赤を黄よりにすると視認性が高くなる。

 

10. 現在地案内


過去問題

事例10

黒板に赤いチョークは見えづらい。明度の高い白や黄のチョークにすると可読性が高くなる。

ブソン
ブソン
赤を黄よりのオレンジにするだけで、正常色覚の人にも1型色覚の人にも見えやすくなるぞ!

 

まとめ

「第8章 事例集❶」は、今までに学んだユニバーサルデザインの考え方に沿って、街中でよく見かける表示の改善の一例です。

暗い背景に赤を使用する場合は、少し黄よりするか、オレンジに変更する!

色彩検定UC級は、色彩検定2級のテキストと合わせて勉強すると、もっと詳しく学ぶことができます。


\資格の大原で色彩検定の勉強を始める/

資格の大原
● 受講料合計 23,000円〜(税込)
● 色彩検定協会認定のプロ講師が教える本格的な講義動画
● 色彩コーディネーターの称号が得られる色彩検定に対応
● 本試験対策にも万全の公式テキストによる学習
● 効率的な学習を可能とする大原オリジナル攻略ナビテキスト

コメント