【2019年】インテリアコーディネーター1次試験に合格しました!

スポンサーリンク
アイキャッチ インテリアコーディネーター

こんばんは。 インテリアコーディネーター挑戦中のひねもすのたり管理人のブソンです。→合格しました!

「ひねもすのたり 独学で!資格ブログ」は、独学で資格取得を目指していくブログです。

2019年度は宅建試験とインテリアコーディネーター資格試験に挑戦していますが、無事第37回インテリアコーディネーター1次試験を通過しました!

一次試験結果
ブソン
ブソン

よくやったぞ!

合否の確認はこちらから(パーソナルページ/11月19日0時〜)

インテリアコーディネーター1次試験のための勉強期間は4カ月半、勉強時間は約190時間でした。

インテリアコーディネーターの1次試験はマークシート形式(3択)約200問で、内容は暗記です。

試験範囲がとても広く、専門用語や専門的知識ばかりなので、一から勉強するにはとても苦労をしました。

今年度は台風の影響で開始時間が遅延した会場や再試験になった会場もあって、稀に見る多難な開催年となりました。

とりあえずここまでたどり着くことができて、心から安堵しています。

スポンサーリンク

自己採点結果

インテリアコーディネーター試験では、合格点や合格基準は発表されません。

なので、合否の確認後、ハウジングエージェンシーの「1次試験解答速報&合格判定サービス」を利用して自己採点をしてみました。

【無料】1次試験解答速報&合格判定サービス

結果は、170点/200点満点A判定でした。

合格判定

本試験までに6年分の過去問題を解きましたが、それらと比べて本年度の難易度は低かったように思います。

問題用紙を見直してみると、わからない問題や迷った問題が合計で30問ありました。

正誤確認ではそのうち半分くらい正解できていたので、自信のあった問題でも15問くらい間違えていたことになりますね。

模範解答を一問ずつ確認してみると、意外と簡単な問題をたくさん間違えていました。

もちろん目標は満点での合格で、最低でも180点は取得したい!と思っていたので、とても悔しく残念な結果だったなと思ってます。

けれどコツコツと勉強してきたので、自ら立てた勉強計画とその方法には満足しています。

また、今回の結果はこれからの勉強するにあたって自信になると確信しています。

2次試験対策中

僕は、1次試験が終わって1週間経ってから(宅建試験があったので)本格的に2次試験の対策に入りました。

インテリアコーディネーターの2次試験は1次試験のような暗記ではなく、1次試験で学んだ知識を論文とプレゼンテーション(製図)でアウトプットする試験です。

2次試験対策には、100時間ほど必要だと言われています。

1日2時間勉強しても50日かかりますね。

1次試験合格によって正式に2次試験の受験資格を取得したので、思いっきり勉強したいと思います。

ブソン
ブソン

プレゼンテーションの勉強はとても楽しいぞ!

今年度の1次試験合格者は、2022年まで1次試験免除を受けることができます。

もし2次試験が不合格でも、来年から3年間は2次試験から受験することができますので安心してください。

まとめ

以上、2019年度インテリアコーディネーター1次試験の合格報告でした。

インテリアコーディネーター1次試験の合格率は上位から30%ほどされていて、難易度はやや高めの試験です。

合格するには、綿密な勉強計画とそれをやり切る根気が必要になります。

けれど、知らないことを学ぶことは楽しく、積み上げた知識を確認できたときは喜ばしいものです。

毎日少しずつの勉強をコンスタントに継続することが、合格への一番の近道だと思います。

同じく1次試験に合格された方、おめでとうございます。

気を抜かずに、2次試験に向けて引き続き頑張っていきましょう。

\オンスク.jpでインテリアコーディネーターの勉強を始める/

● 月額料金 1078円〜(税込)
● 初期費用・入会金なし
● 講義動画でインテリア関連の知識を幅広く
● 問題演習で専門用語や重要なポイントをチェック
● 効率的なインプットや復習に便利なダウンロード教材付き

 

コメント