【色彩検定1級2次試験の必需品】新配色カード199aとは?

スポンサーリンク
アイキャッチ 色彩検定

こんばんは。 1級色彩コーディネーターのひねもすのたり管理人のブソンです。

「ひねもすのたり 独学で!資格ブログ」は、独学で資格取得を目指していくブログです。

みなさん、カラーカードというものを使用したことはありますか?

ブソン
ブソン

なかなか使う機会は少ないかものぉ

デザイナーなどの色を扱う仕事をされている方は、DICPANTONEといった特色カラーチップや、CMYKのプロセスカラーチャートなどを使用しているかもしれません。

どのカラーチップやカラーチャートも印刷の仕上がりを事前に確認したり、色の調査に使用します。

いわゆる「色の見本」として活用します。

色彩検定1級の2次試験では、「新配色カード199a」というカラーカードを使用します。

解答用紙に「新配色カード199a」を切って貼って、カラーカードで解答していきます。

今回は、「新配色カード199a」について書きたいと思います。

色彩検定1級の2次試験の前には、問題集や過去問題集と一緒に「新配色カード199a」も購入して、試験対策をしてください。

199aカラーカード

スポンサーリンク

「新配色カード199a」とは

色彩検定で指定されているカラーカードは「新配色カード199a」です。

「新配色カード199a」は、色彩検定だけでなく、スクールでの配色演習や作品制作、学校や職場での簡単な色の調査や配色計画など、広い範囲で使用されています。

「新配色カード199a」以外にも、色数や光沢が異なるものがあります。

「新配色カード199a」「199b」「199c」の違いは、大きさだけです。

ブソン
ブソン

ただ大きさの違いだけじゃ!

色彩検定1級の2次試験では一番小さい「199a」が配布され、それを使用します。

それでも検定ではそのうちほんの少しだけしか使用しません。

購入するときも一番小さい「新配色カード199a」で十分ですので間違えずに購入しましょう。

「新配色カード199a」の特徴

新配色カード199a」は、日本色研の配色体系「PCCS」からいくつかの色相を選び、それぞれ色相に対するトーンによく使われる色を足して199色にしたものをマット紙に印刷したものです。

PCCS(Practical Color Coordinate System)


PCCSは、財団法人日本色彩研究所によって開発された色彩体系です。色彩調和を主な目的としていて、配色考えるのに適しています。
PCCSでは「Hue(ヒュー)」と呼ぶ色相と、明度と彩度をまとめた「Tone(トーン)」の二つの属性で色を整理し、表示するのが大きな特徴です。これをヒュートーンシステムと呼びます。
出典 色彩検定3級テキスト|色彩検定協会

ブソン
ブソン

色彩検定ではPCCS、カラーコーディネーター検定ではCCICを採用。混同するのではないぞ!

PCCSの色相環

新配色カード199a」では、PCCSの24色相の偶数番号にあたる12色相だけで構成されています(vトーンのみ24色相)。

 

PCCS色相環
ブソン
ブソン

色相環とは、色の波長を赤から紫まで並べ、赤と紫の間を補完して環を作ったものじゃ。向かい合うは補色と呼ぶぞ!

PCCSのトーン

新配色カード199a」は、PCCSの12トーンの中から「S(ストロング)」を省いた11トーンが採用されています。

また「P(ペール)」と「lt(ライト)」トーンは、+記号付の高彩度のものが採用されています。

 

PCCSトーン
ブソン
ブソン

「S(ストロング)」トーンは、試験に出題されないぞ!

裏面

新配色カード199a」の裏面には、5mm間隔のドットとPCCS色記号が記載されています。

このドットの間隔を目印にカットすれば、解答用紙にきれいに貼ることができます。

また「新配色カード199a」の裏面には、PCCS色記号が記されているので、表の色とPCCS色記号の組み合わせは覚えなくても構いません。

色彩検定1級の2次試験では、問題を解いて、PCCSの色記号を答え、「新配色カード199a」の裏面のPCCS色記号を見てドットで切り取り、解答用紙の枠に合わせて貼る、という流れになります。

199aカラーカード

市販と配布物の違い

色彩検定1級の2次試験では、新品の「新配色カード199a」が受験者全員に配布されます。

市販されている「新配色カード199a」との違いは、最初に書かれている部分が配布「新配色カード199a」にはありません。

市販の「新配色カード199a」のこの部分には、下記の内容が記載されています。

「新配色カード199a」の特色
  PCCSトーン名
  PCCS色相NO.と色相名
  トーン図
  ピンク系・ブラウン系・オフニュートラル系・肌色系の色相記号
  PCCSとマンセル記号対応表

検定の解答となりうるので、きちんと抜き取られています。

199aカラーカード

上が市販の「新配色カード199a」、下が試験で配布される「新配色カード199a」です。

まとめ

色彩検定1級の2次試験では、「新配色カード199a」というカラーカードを使用します。

実際に解答用紙に切って貼って解答していくので、色彩検定1級の2次試験の前には問題集や過去問題集と一緒に「新配色カード199a」も購入して試験対策を始めてください。

ブソン
ブソン

試験中はハサミを使うので騒がしくなるぞ。試験時間も90分と短いので時間配分に気を付けるのじゃ!

また、色彩検定公式テキスト2・3級の巻末には、実際に「新配色カード199a」を切って貼って作る「PCCSカラーダイヤル」と「PCCSトーン別明度表一覧表」が付録してあります。

色彩検定1級の2次試験の対策に非常に有効ですので、「新配色カード199a」を購入して是非チャレンジしてみてください。

created by Rinker
日本色研事業(Nihonsikikenjigyo)

\オンスクで色彩検定の勉強を始める/

● 月額料金 1078円〜(税込)
● 色彩検定協会認定のプロ講師が教える本格的な講義動画
● 色彩検定2級を知り尽くした講師のオリジナル問題演習
● 効率的なインプットや復習に便利なダウンロード教材つき
● 公式テキストにあわせた講義で理解がより深まる

 

コメント