【カラーコーディネーター検定レッスン 5 – ❺】同化効果

スポンサーリンク
アイキャッチ カラーコーディネーター検定

こんばんは。 1級カラーコーディネーターのひねもすのたり管理人のブソンです。

「ひねもすのたり 独学で!資格ブログ」は、独学で資格取得を目指していくブログです。

カラーコーディネーター検定レッスンでは、スタンダードクラスに合格するためのポイントを解説していきます。

今回は、Chapter5「背景色を上手に使って色の見えを変えてみよう」から、同化効果についてです。

目 次

公式テキスト

その他テキスト&問題集

スポンサーリンク

Chapter5 背景色を上手に使って色の見えを変えてみよう

小さな模様が隣接した場合、色が近づいて見える!

対比効果は背景に囲まれた色の見えが逆の方向に変化する現象ですが、他にも、ある色が隣接する他の色の影響を受けて色が近づいて見え、双方の色の違いが縮まって見える現象があります。

これを同化効果といいます。

同化効果

同じ赤を色の違う小さな模様に隣接させると、まわりの色によって青みが強い赤や黄みが強い赤に見えます。また同じ緑も同じように色の違う小さな模様に隣接させると、青みが強い緑や黄みが強い緑に見えます。小さな模様の色は隣接した色の差を強調するのではなく、均一化した同じ方向に色の見えが変化させます。

同化効果

対比効果は、大きな色に囲まれた場合、背景と差をつける方向に起こる効果で、同化効果は、小さな模様が隣接した場合に差が小さくなる方向に起こる効果です。同化効果にも、色相・明度・彩度色それぞれに相互作用があります。

同じ赤が黄色の線に重なると黄みが強くなり、青の線が重なると青みが強まって見えます。これが色相の同化効果です。

色相の同化効果

同じ橙色が黒の線と重なると暗く見え、白の線が重なると明るく見えます。これが明度の同化効果です。

明度の同化効果

同じ濃いピンクが、明るい灰色の線ではくすんだ色に見え、赤い線ではより鮮やかな色に見えます。これが彩度の同化効果です。

彩度の同化効果

同化効果は、日常的に見ることができます。

たとえば、スーパーなどで赤色のネットに入ったミカンや緑色のネットに入ったオクラを見ることがあります。これらは同化効果を使用していて、ミカンは赤みを、オクラは緑みを増すことで美味しく見せています。

ネット入りみかん

ブソン
ブソン

日常にはいろいろな色の効果が利用されておるぞ!

まとめ

対比効果と同化効果の違いを抑えておこう!

明度、彩度、色彩による同化効果はしっかりと理解しておきましょう。

対比効果は大きな色に囲まれた場合に逆の方向に色の見えが変化する効果で、同化効果は小さな模様が隣接した場合に同じ方向に色の見えが変化する効果です。